低コストで提供できる薬 | 男性の天敵!?EDはしっかり治していくべき立派な病気です!
menu

低コストで提供できる薬

散らばっている薬のパッケージ

医薬品を手に入れるにも、どうせなら安い値段で高品質なお店を手に入れたいですよね。
そこで、今確実に広まっているのが「ジェネリック医薬品」という医薬品です。この医薬品は海外で完成されている医薬品を日本の製薬会社が改良して、名前などを変えて販売を行なっている医薬品のことです。なぜ、海外産の医薬品を売ると思いますか。普通に考えれば、国内で開発して販売を行なったほうが安心で、利益上げると思いますよね。でも、それでもジェネリック医薬品が多いのはかかるコストの差が非常に大きくなっているからです。
まず、一から患者さんが安心して服用をするまでには2、3年ではできません。最低でも10年は必要とします。
また、それまでに多くの人材や施設、道具、材料の費用もかかります。これが10年以上も継続するわけですから、経費もそうとうなものになってしまうのです。しかも、必ずができるという保証もありません。こんな不確定なものに注ぎ込む余裕はどこの製薬会社にもありません。
これだったら、ジェネリック医薬品として販売したほうが患者さんにも安く医薬品を提供することができるのです。
このジェネリック医薬品は一度は耳にしたことがあると思いますが、具体的にどのようなものか知らない人は案外多いです。
国が推奨するジェネリック医薬品は今後も確実に広まっていくことでしょう。さらにクオリティも上がって、より安心もできます。